トップページ > 歯列矯正の基礎 > 歯列矯正にかかる期間は

歯列矯正の基礎

歯列矯正にかかる期間は

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリをBuzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録
状態によって異なる治療期間

歯列矯正の場合、歯並びの状態や成長の具合などによって治療期間が大きく異なります。そのため、何年で治療を完了できるかは人それぞれ異なります。

一つの目安として、マルチブラケット装置と呼ばれるワイヤーで結ぶ治療具なのですがこの装着をはじめてから2~3年という期間が治療完了までの目安となります。

また、抜歯の有無で期間は異なってきます。抜歯が必要な場合ですと、期間が1年前後長くなる可能性があります。また、歯の動き具合は個人差も大きいものですので治療完了までの予定よりも半年位、前後する事も少なくありません。

矯正のマルチブラケット装置を付けている間は、3~4週に1度のペースで受診し調整していきます。また、矯正の本格治療が終わった後も、後戻りしない為に新たに「保定装置」を装着します。

この装置は約3年程使用する事が多いです。装着期間が長いほど、後戻りはしにくいので5年間以上つける方もいます。この保安装置を付けてからは3ヶ月に一度のペースで受診することになります。

矯正治療中に装置をつけている期間にトラブルもあります。治療が完了すれば外すものなので、接着した金具が外れてしまう事も少なくありません。ワイヤーが切れてしまったり、金具にトラブルがある場合にすぐに行ける範囲での治療をした方がいいでしょう。

金具にトラブルがある状態でかなりの期間放置する事で歯が動いてしまいますから治療期間が長くなるだけですし、食事が困難になる事もありますのでご注意ください。