トップページ > 歯列矯正の基礎 > 歯列矯正について

歯列矯正の基礎

歯列矯正について

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリをBuzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録
歯並びで悩む人が多い

歯並びが気になるっていう経験はありませんか?たとえば、前歯が出っ歯になってたり、受け口やガタガタの歯の歯並び(乱杭歯)で笑顔にしようと思っても精神的に気になってしまい、歯をなるべく隠そうとして不自然な笑顔になってしまうこともこともあるのではないでしょうか。

歯並びを治療すると見た目が大きく変化しますし、内面から自分に対して自信が持てるようになります。治療を行ったことで笑顔に自信が持てるようになり、その人の笑顔や歯並びを褒められる事が多くなったというケースもたくさん聞きます。

それ以外にも、歯並びの影響で発音がし難くなっていたり、歯にゴミが溜まりやすくなって虫歯や歯周病になる可能性が高かったのが大幅に改善することが可能です。

たかが歯並びと思われる方もいらっしゃるのかもしれませんが、本当に世界が明るくなると思います。また、誰かと会話したり、大きな口を開けて心から笑ったり、笑顔を褒められたりと、悪い事は殆ど無いはずです。

ただ、矯正の時期がいつがいいかは、顎の成長年齢をなるべく考慮し長期的な計画で治療を行うべきでしょう。9歳前後で上顎の成長が止まると言われています。矯正を計画的に行うことで未然に歯のトラブルを未然に防ぐことができます。

また、数年計画で行われる歯列矯正は最初に高額の費用を用意しなくてはなりません。長いお付き合いになると思われますので人間的に信頼できる歯科医を選ばれればいいと思います。

歯列矯正の具体例
  1. 見えにくい治療法
    この治療のメリットは殆ど見えない上に、しゃべりずらさもほとんどないということです。しかも日々生活する中で他人から装置が見えることがほとんどありません。
  2. 治療体験者のQ&A
    実際に治療を受けた方へのインタビューです。歯列矯正を始めるまでの不安やなぜ治療を始めたのか、実際に治療してからの歯への意識変化などが語られています。
  3. 治療前と治療後の比較
    治療を始めた前と後での比較をしています。人によってキレイな歯並びまでになるまでの時間は異なりますが歯並びにコンプレックスや不便をしている方には検討する価値があると思います。