トップページ > 歯列矯正の基礎 > 歯列矯正の流れ

歯列矯正の基礎

歯列矯正の流れ

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリをBuzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録
最適な治療方針を選ぶことが大切

歯列矯正では、初診から歯を動かした後の保安まで、患者さん一人ひとりに最適な治療方針を立て、長期的な治療を行うことになります。

治療方針によっても、治療期間は大きく異なることになりますので、自分の長期的な予定なども担当の歯科医に事前に伝えておくことでスムーズに治療が行えます。

実際に行う治療医院での多少の違いはあるかもしれませんがここでは歯列矯正の流れを説明します。

  1. 初診・診断
    咬み合わせや歯並びについて歯科医がお伺いします。その上で適切な開始時期や治療費用の概算を出します。
  2. 精密検査
    歯並び・歯型や顔の写真、歯や顔のレントゲンなどの細かい写真などを撮ります。
  3. 診断
    精密検査を基に治療方針・期間・費用などの説明と患者さんの同意(未成年の場合、保護者の同意)の上、治療開始準備をします。
  4. 治療開始
    治療方法について納得して頂いた後に治療がスタートします。目安としては2~3年の期間です。
    ※治療期間は患者さんの状態によって異なります。
  5. 保定
    動かした歯や顎をその状態で保つための器具を装着します。目安としては1~3年の期間となります。
  6. 観察・終了
    動かした歯が後戻りしない状態を確認できたら治療完了となります。

歯列矯正では患者ご自身の状態によって治療期間は異なりますが大まかな流れは上記のとおりです。