トップページ > 歯列矯正の基礎 > 歯列矯正は自由診療

歯列矯正の基礎

歯列矯正は自由診療

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリをBuzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録
健康保険適応外

歯列矯正の治療は、美容整形と同じ事であると考えられるとため、健康保険の適応外になります。そのため、保険での補填が無く「本来の治療費」をそのまま支払う必要があります。(一部の手術が必要な症状については健康保険の適用がある場合もあります。)

通常の病気や怪我の治療では「最も安価な治療法」を選択をする義務が治療する機関にはあります。健康保険を適応するわけですから1円たりとも無駄には使えません。ですので、医者も治療点数をきちんと厚生労働省に報告し、不正が無いかどうかチェックを受けています。

怪我や病気の場合は、窓口支払いは「本来の治療費」の3割が自己負担分です。残りの7割は健康保険から補填されることになります。これが健康保険のシステムの基本です。

ですが、健康保険を適応しない治療である自由診療であれば、そういう「縛り」が存在しませんので医師(歯科医)の裁量と症状により、治療にかかる治療費が自由に決めることができます。

治療期間が長期

歯並びの状態・症状にもよって異なってきますが、通常、完治まで2年以上かかる場合がほとんどです。1回の通院の支払いが数千円~数万円だったとしても、すべての治療費を足すとかなりの金額になります。

その金額を最初に歯科医の方から説明されることになりますので「高額」という印象になってしまう部分もあるかと思います。ですが、これはほかの治療でも意識していないだけでトータルすると実は高額だった、というケースはあると思います。

また、歯列矯正は上記の通り自由診療ですので、各医院毎に自由に料金を設定することが可能です。したがって、治療費には大きな差が生まれることも別におかしいことではありません。

しかも、高額でも治療を求める人がいて、そこに矯正治療がビジネスとして成り立っていますので、現在の治療費用が適正価格であるとも言えます。