トップページ > 歯列矯正の基礎 > 矯正歯科選びのポイント

歯列矯正の基礎

矯正歯科選びのポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリをBuzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録
目安のひとつに「矯正専門医院」

歯列矯正の治療を受ける際に選ぶポイントの1つとして「矯正専門医院」があげられます。歯列矯正専門医院で矯正専門医の資格は複数ありますが日本矯正歯科学会などの認定医以上の医師が常勤している医院をオススメします。

現在の法律での「歯科医師法」は一般歯科医でも矯正治療をしていいことにはなっていますので、一般歯科でも「矯正歯科」の看板を掲げて一般歯科医が治療を行うこともよくあります.

ですが、一般歯科での矯正治療をしている方の中でトラブルになっているケースも少なくありません。また、最終的に矯正専門医がいる歯科医院への転院するケースも多いようです。

矯正歯科治療はかなり高度な技術を必要とする治療になりますので、歯科医師の腕によって治療期間だけでなく、見た目の審美的な仕上がりも大きく異なる場合がありますので、歯科医院選びは慎重を気した方がいいでしょう。

初診・診断時の対応から選ぶ

矯正歯科医院選びのポイントの2つ目に、いくら矯正歯科の専門開業医で日本矯正歯科学会の認定医資格を保有していたとしても、実際の診察で必要最低限の説明しかしなかったり、あまりいい印象が持てない歯科医院での治療は避けた方がいいでしょう。

たとえば、初診の際に患者自身の相談を親身になって受け、治療開始のタイミングや期間、そして、費用などについて長期的な計画をしっかり説明をし、なおかつ、その治療方針に納得できることが大切です。

また、精密検査をできるだけ細かくやることで検査の結果を分析した上での治療方針を決めているかも判断材料の一つです。

それに加え、治療法・治療期間・治療費用などをきちんと説明し、矯正治療を受けるメリット・デメリットをそれぞれ明確に説明し、それに納得できるかどうかも大切な歯列矯正の歯科医を選ぶポイントです。

治療方法も大事なポイント

矯正歯科医院選びのポイントの3つ目に、どのような治療方法で歯列矯正を進めていくのか、ご自身にあった方法で医院を選択するほうがいいでしょう。

なぜなら、矯正医は表に装置をつける歯列矯正はどこの歯科医院で治療をしても殆ど差がありませんが、他の治療方法は歯科医院ごとに大きな差があります。また、矯正治療は専門医と一般開業医とでは、全くその知識や技術レベルが違います。

治療方法がある程度決まったら、それらの治療方法を行っている複数の医院でカウンセリングを受診することをオススメします。

複数の歯科医からの意見を聞くことで、納得した治療してくれる医院で最良と思われるところでの治療を進めることをオススメします。