トップページ > 歯列矯正の費用 > 治療費の医療費控除

歯列矯正の費用

治療費の医療費控除

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリをBuzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録
医療費控除で支払った治療費の一部が戻ってくる

矯正治療の費用も医療費控除の対象となります。一般に医療費控除とは、自分自身や家族(生計を共にしている人)のために、1年間(1月1日~12月31日)に支払った医療費が10万円を超過したときに超過した医療費の一部が還付される(一定の金額の所得控除を受けることができる)制度です。

また、市販のかぜ薬の購入した費用や病院までのタクシー代(条件付き)なども控除対象とされますので忘れずに領収書を残しておくようにしてください。確定申告の際に全ての領収書を添えて、医療費の内訳を表にまとめて提出します。実際に還付される金額は以下の通りです。

(支払った治療費-10万円)×所得税率=戻ってくるお金

一つ注意が必要なのは「医療費控除」というと支払った医療費が戻ってくるという印象を感じられる方も少なくないと思いますが実際は1年間の所得全体にかけられて既に納めてしまっていた「所得税」の中で「1年間に医療費として使った分のお金にもかけられていた所得税」だけを申請すると戻してくれるという制度です。

ですので、確定申告で「支払っていない所得税」の控除は受けられないので年を跨ぐ時期に支払いをする場合は予めご自身の収入状況を考慮した上で治療費を支払うことをお勧めします。