トップページ > 歯列矯正の費用 > 子供の治療費

歯列矯正の費用

子供の治療費

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリをBuzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録
子供の矯正は2段階の治療

子供の矯正は、1期(前期)治療(永久歯が生え揃う前)と2期治療(永久歯が生え揃った後)の2段階になっています。一般的には小児矯正は1期治療のことを指しています。日本では、2期治療からでいいという方がおおいですが、アメリカなど歯並びに気をつかう国では7歳までに矯正専門医に診断を受けるように言われているようです。

子供の矯正治療には「1期」と「2期」があり、時期によって料金が異なってきます。自分の子供は「1期だけで大丈夫?」「1期+2期の方がいい?」と言われる方がいるかもしれませんが、子供の歯の状態によって治療期間や2段階どちらかが必要・不必要が異なってきます。1期のみで矯正治療を終了できる場合もあれば、1期~2期の治療が必要な場合もあります。

どの程度の治療が必要になるのかは各矯正歯科医によって異なりますので事前にどのような治療内容になるか、また、治療期間・費用なども聞いておくとよいでしょう。当たり前ですが、納得いただいた上で治療を始めるようにしてください。

矯正歯科医院での一般的な治療費の例としましては、1期治療のみですと約30万円~40万円程度、2期治療のみ60~100万円前後(成人の治療費とほぼ一緒の場合が多いです)。1期と2期治療を混合の場合ですと、30万円~50万円程度(1期)+40万円~50万円ぐらい(2期)で総額100万円前後と捉えておきましょう。

お子さんの矯正を検討されている方に知ってもらいたい一番大切なことは、子供の顎は成長段階にあるということです。短期間の治療方針しか示さない歯科医での治療はお勧めできません。こどもの成長に合わせた長期的な治療をしてくれる歯科医でないと後々問題になることも少なくありません。

また、お子さんと相性のいい歯科医を選ぶこともポイントの一つです。お子さんと一緒に矯正相談にいってお子さんの意見を傾けながら進めるのが良いでしょう。長期的に歯科医と接することになるため、お子さんに負担を感じることがないような歯科医を選びたいところです。