トップページ > 歯列矯正の治療・装置 > インプラント矯正

歯列矯正の治療・装置

インプラント矯正

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリをBuzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録
アンカーインプラントを埋め込んで矯正

「インプラント矯正」は、小さなネジのようなインプラント(金属製の小さなスクリュー)を歯茎に入れ、これを引っ張る土台(固定源)にして歯を少しずつ動かしていく装置でより確実で効率的な治療をすることが可能です。今まで抜歯の治療でしか対応出来なかった患者に対しても非抜歯の選択肢の拡大が期待できます。

メリット

  • 治療期間が短縮できる可能性がある
  • 矯正が難症例でも対応することが可能
  • 抜かない治療の幅が拡大

デメリット

  • インプラントを埋入する必要がある
  • 子供には適用不可
  • 新しい技術のため、対応している医院が限定的