トップページ > 歯列矯正の治療・装置 > マウスピース矯正

歯列矯正の治療・装置

マウスピース矯正

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリをBuzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録
目立たない矯正装置

マウスピース矯正とは、今の歯形から少しずつ治療していき徐々に理想の歯並びに近づく歯形を造形して、その歯形で装置を作り段階を経て装置を理想的な歯並びに近いものに順番に変えていくという治療方法です。

この矯正方法の最大の特長は、透明で取り外し可能なマウスピース型の矯正装置を使用することです。今までの表側矯正などに使用したワイヤーや留め具を一切使用せず、プラスチック製のマウスピースを使って歯並びを動かしていきます。透明なプラスチック素材を使用していますので目立たず、装着していても他の人に気づかれることがまずありません。

マウスピース矯正の製品として、インビザライン、 アソアライナー(クリアアライナー)、ストレートライン、オペラグラス、アクアシステムなどがあります。

マウスピース矯正のメリット・デメリット

メリット

  • 矯正しているのがわからない
  • 取り外しが自由なので、食事や歯磨きがしやすい。
  • 痛みが殆ど無い

デメリット

  • 治療できる歯並びが限られる
  • 大きく歯を動かせない(歯並びによってはワイヤー矯正が必要)
  • 1日20時間以上の装着