トップページ > 歯列矯正の治療・装置 > マルチブラケット(表側矯正)

歯列矯正の治療・装置

マルチブラケット(表側矯正)

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリをBuzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録
矯正装置の定番といえばマルチブラケット

よく矯正をするイメージ場合に多くの方が思いつく治療がマルチブラケット矯正だと思います。この矯正装置では粒状の装置の溝にワイヤーを通して徐々に歯を動かしていくことで歯並びを良くします。

見た目でわかるマルチブラケットは、歯全体を銀色(別名:メタルブラケット)の金具とワイヤーで覆っている感じのモノで歯を見せたときにすぐに矯正をしている事が一目でわかる装置です。この装置は、見た目的にはかなり目立ちやすいものの、治療費が安く抑えられ、装置が頑丈なため破損がし難く、また、治療期間が比較的短く済むというメリットがあります。

また、最近ではメタルブラケットの銀色のワイヤーだけでなく、透明や歯の色に合わせたマルチブラケットも登場してきています。目立ちにくいですが、治療費が基本料の中に含まれないことが殆どですのでオプションの料金がかかり、また、装置が銀色のものと比べて壊れやすく、また、治療期間が銀色のものと比べ、長期間になりやすい傾向があります。

メタルブラケットとセラミックブラケットの比較

メタルブラケット
メタルブラケットとは、上記の通り銀色の金具とワイヤーを使用した矯正器具です。ブラケットがメタル(金属製)なことかたメタルブラケットと呼ばれています。

メリット

  • 色的には目立つが、ブラケット自体が小さいため口腔内・唇への違和感が一番少ない。
  • 歯が動きやすい。
  • 歯への接着が容易なので、どのような歯でも付けやすい。
  • たいてい、料金も一番安く設定されていることが多い。

デメリット

  • 色が金属色のため、目立つ。

セラミックブラケット
見た目に目立つ前歯のみにセラミック製が多く使われます。プラスチックの透明か乳白色のブラケットの2週類があり、強度の高いセラミック製の乳白色ブラケットが主流です。アーチワイヤーには金属を使うことが多いですが、歯と同じ色のワイヤーを使用することで目立たなくなります。

メリット

  • メタルと異なり白色または半透明に近いため、目立ち難い。遠目には殆ど判断がつかない。

デメリット

  • メタルブラケットよりも大きく、厚さがあるため口腔内(特に唇)への違和感が大きい。
  • メタルに比べて、歯の動きが遅いことがある。
  • 料金はメタルブラケットよりも高く設定されていることが多い。