トップページ > 歯列矯正の治療・装置 > リンガルブラケット(裏側矯正)

歯列矯正の治療・装置

リンガルブラケット(裏側矯正)

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリをBuzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録
裏側から引っ張って歯を動かす

リンガルブラケット(舌側ブラケット)と呼ばれる装置で、裏側矯正(別名:舌側矯正)をする際に使用されます。歯の裏側に装着して固定するため、表側矯正よりも目立たずに治療が行える矯正装置です。女性の方で見た目を気にする人にこの矯正へのニーズが高まっていますが、矯正治療の中でも新しい技術のため、対応している医院は限られています。

裏側矯正の技術がしっかりある歯科医であれば、キレイに仕上がりますし、時間が大きく延びることもありません。最近では、技術のない矯正医が裏側矯正を任せると、小さなミスを認めず言い訳ばかりする先生も少なからずいるようですので、注意が必要です。

裏側矯正のメリット・デメリット

メリット

  • 周囲の人にわからないまま矯正治療が可能
  • 表側矯正に比べて虫歯になりにくい

デメリット

  • 歯の表側につける装置よりも口腔内の違和感がある
  • は表側矯正と比べると金額が割高(約1.5倍程度)
  • 裏側矯正の技術のある矯正医が限られる
いくつかの種類があるリンガルブラケット

インコグニート
コンピユーターで歯の舌側の形態に合わせたベースを持つブラケット(矯正装置)を使用した矯正です。この方式では、オーダーメイドでドイツで作るので一人ひとりに合わせた精密なブラケットと正確な屈曲のワイヤーを作るため、口腔内の違和感が少ないと言われています。デメリットは、ワイヤーを追加で必要になる場合は、治療が止まるということです。

STbブラケット/クリッピーLブラケット
これまで矯正で主に使用されていたの裏側矯正のブラケットに比べ、幅・厚みとも半分以下を実現しています。全体的に丸みを帯びたフォルムでこれによって口腔内の異物感や違和感を極力減らすことができます。